息子の事故、心がえぐられる思い

私の息子は、学校をめぐっていらっしゃる途中でアクシデントに遭いました。
それは、橋の上の危惧の悪いところを、息子が自転車で渡っていたポイント、あちらからきた乗用車にはねられてしまったのでした。
息子は、結構遠くに飛んだみたいでした。
後、直接息子から大難にあったと電話をう受けたときは驚きました。
但し、そのときは、息子が自分で電話をして来るくらいなので、大難のけがは軽いだろうと思ったのです。

ただし、まさに球場に行ってみるといった、息子が倒れている特徴がありました。
そうして緊急愛車が到着した部位だったのです。
身は、息子と共に緊急愛車で緊急医者に行きました。
息子のけがは骨折が複数あり、入院することになったのです。
その時、一段とすごくぶつかっていたら、どういうことになっていただろうと、それくらいのけがで住んですため、ほっとしたのです。

主人にもその感じを触れるって、主人もますます悪いことを想像していたらしかったので、安心したといっていました。

アクシデントは、みんなに対して、迷惑をかけてしまう。
今回の大難は、これくらいだんだのですが、危惧の悪いところでは、立ち止まって右手という左側を探るということを、徹底して行ってほしいといった心から願ったことでした。